【ドラクエ10】邪神の宮殿の仕様変更で調理特需はくるか?!

今日は 10 日なので、邪神の宮殿にある「封剣の門」のお題が更新されました。

今までの更新では、バトルターゲットと条件が更新されるだけでしたが、今回の更新では1点仕様変更がありました。

スポンサーリンク

「闇の流星」を「じゅもん」から「とくぎ」に変更

条件付きパーティ同盟バトル「邪神の宮殿」にて、下記の更新を行いました。
2016年2月10日(水)6:00に更新しています。

◆バトルターゲットの更新
◆バトル条件の更新
◆バトルターゲットの使用する「闇の流星」を、じゅもん → とくぎ に変更しました。

上の2つはいつも通りなんですが、3つ目の「じゅもん」を「とくぎ」に変更するというのは大きな変更です。

じゅもんは「マホカンタ」「マホターン」で跳ね返すことができますが、とくぎは跳ね返すことができません

難易度上がりましたね。

この修正の要因になったのは、以前同じバトルターゲットだった期間に、「闇の流星」をマホカンタで跳ね返すことで、すぐに倒すことができたからのようです。

◆「邪神の宮殿」にて、バトル中にある特定の「じゅもん」を使用してクリアする。(1/12 19:20更新)
⇒この「じゅもん」を使用してクリアしても処罰の対象とはなりませんので、ご安心ください。
ただし、ゲームバランスについては継続的に検討を行うため、後日内容の見直しや難易度を調整する可能性があります

詳しくは書かれていませんが、特定の「じゅもん」というのが「マホカンタ」「マホターン」です。

この時は、その方法でも OK と運営は回答していました。

また、後日修正しますよ~ということもチラつかせていました。

とばっちりを受けた「じゅもん」や「とくぎ」

この修正で影響を受けたのは、「マホカンタ」「マホターン」だけではありません。

「じゅもん」であれば、「マホステ」「スペルガード」「マジックバリア」「魔結界」「呪文耐性アップ」など威力を無効化したり、軽減することは可能でした。

しかし、これが「とくぎ」になったため、全ての対策が不可能になりました。

元々、「じゅもん」として設定されていたということは、これらの対策込みでの強さが設定されていたはずです。

それが全て使えなくなってしまった訳ですから、元々の設定より強くなっているんですよね。

これはかなり影響ありますね。

風が吹けば桶屋が儲かる

どこかを変更すれば、別のどこかに影響が起こるものです。

この修正で桶屋になるのは、調理職人ですね。

  1. 闇の流星が「じゅもん」から「とくぎ」に変わる。
  2. 「じゅもん」対策のとくぎや錬金効果の意味がなくなる。
  3. 闇属性の需要がさらに増える。
  4. ダークタルトが売れる・・・はず

ということで、ダークタルト量産しなくちゃね(`・ω・´)

毎月10日と25日は、邪神の宮殿にある「封剣の門」のお題が更新されます。 縛り条件だけが更新されるのかと思っていたら、なんと敵も更新さ...

まとめ

属性耐性を装備で揃えるとなると、かなりゴールドが必要ですね。

ところが料理を食べれば、数百万ゴールドもする装備と同程度の属性耐性を得ることができます。

装備は、封印、マヒ、呪いなどの状態異常を防ぎ、属性耐性はタルトがおすすめです!

★3料理なら 19 %の耐性が付きますよ(´∀`)オススメ

ミルキィ
そろそろ、ファイアタルトもブレイクして欲しいです。